赤ちゃんの便秘解消法


どんなに体の小さい赤ちゃんだって大人と同じ様に腸があって、便秘や下痢という症状が現れます。
母乳を飲んでいる間はお母さんの摂取する食事によっては便がゆるんだり、色が違ったりと影響を受けやすいもので、多少の下痢は心配ないですが、お通じがつかないという症状は苦しさを訴えられないだけに心配です。

赤ちゃんは基本的に母乳やミルクで栄養や水分を取っている訳ですが、やはりお母さんの初期時のバランスが悪かったり、夏場で汗を沢山かいている様なときは便秘になりがちです。
機嫌が良ければそう心配する事もないと言われていますが、お通じがついていないなと気がついたら、お腹を優しくマッサージしたりしてあげるとお通じがつく事もあります。
それでもなかなか出ない時にはオイルなどを綿棒につけて、肛門を刺激してあげる事で解消される事もあります。

赤ちゃんの体の状態は母親との関わりが深くあり、お母さんはそういった事を踏まえて食事を規則正しくバランスよく取る必要があります。
自分で解決できない様な酷い症状のときは必ず小児科を受診する様にしましょう。
赤ちゃんの便秘解消には慎重に!

This entry was posted in 便秘解消. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります